jflagblogbn2.gif

jflagblogbn1.gif

2017年02月07日

赤ちゃん筆



大切な我が子の
誕生記念筆。

一生に一度の産毛で思い出をカタチにする。
愛情の深さを感じる1品。

12EA7CCD-73E4-4254-8AAD-FF1D773997B2.jpg
ジェイフラッグでは大切な想いを
サポート致します。
931D7377-A7A8-4527-B318-CF204D28BC7D.jpg7C89E700-1878-4AE9-941F-EC2C8ED99BC7.jpg
やわらかくしなやかな赤ちゃんの髪は代々の血脈を伝え時代を超えた温かい愛情を表現しています。
その清らかで神聖な赤ちゃんの産毛(毛髪)…。

赤ちゃん筆センター謹製の赤ちゃん筆(誕生記念筆)は
お子様の健やかな成長と幸せな家族を見守ります。

BA9BFB90-4A29-4B85-9136-96EFEF18E83D.jpg
記念日認定
赤ちゃん筆センターのハッピー筆
8月20日は「誕生記念筆の日」として
3月8日は「赤ちゃん子供カットの日」として日本記念日協会に認定されています。 

820741EB-9766-46D8-9403-DD2660E23E1F.jpg


A001AAC8-23E8-4289-A90C-6DB0AEE1C309.jpg0A09B9F5-A468-435C-8E2F-E894D1DEAB2E.jpgEDF4B891-41CC-4098-BF7D-1A53A6060A83.jpg
赤ちゃん筆👶
シリーズも豊富。


AADF689C-E7E6-4A43-97C9-D4E423D92505.jpg

我が家も作りました。
636DDC42-4425-4C89-8D34-332257A91331.jpg

迷わず作ってあげましょう!☺️
B20FDB9B-6E41-441B-8817-DA7E0A0A0EBA.jpg
posted by Matsuura at 07:48 | Comment(0) | ジェイフラッグ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月06日

リピジュア

今日は優れたトリートメント化学成分の紹介です。

      【リピジュア

 トリートメント 成分(ポリクオタニウム64配合・別名リビジュア

 

分子内にそれぞれアニオン性基 と疎水性基およびカチオン性基を有しているので,毛髪(特にカラーの繰り返しにより傷んだダメージヘア)に対して優れた親和性を有し,傷んだ髪に潤いをとり戻し,健康な髪へ生まれ変わらせることができます。


涙にも含まれる成分をモデルに開発された、多機能保湿成分

リピジュアRは、ヒトの細胞膜を構成し涙にも含まれる成分「リン脂質」をモデルに開発された、高性能な生体適合性物質です。約2,000個の分子が化学結合し保水性に優れたうるおいのベールをつくります。
現在では、医薬品・化粧品・人工臓器など幅広い分野で活躍しています。

9EEE50B0-51AD-4A18-90CB-0B060C786351.jpg

リピジュア<sup>R</sup>の特徴

リピジュア<sup>R</sup>

ヒアルロン酸と比較しても高い保湿力を保ちます

リピジュアRは、水洗い後1時間経過した乾燥時でも高い保湿力を維持し、その保湿力はヒアルロン酸の約2倍に値します。

塗布後に水洗いしても保湿性能を保持します

水で洗っても、保水力が下がらないという優れた特長を持ち、現在では、医薬品・化粧品・人工臓器など幅広い分野で活躍しています。

ヒトの細胞膜に極めて近い構造による生体適合性を持っています

医療機器に生体適合性のあるリピジュアRを塗布することにより、防御反応を抑えることに成功しています。

ヒアルロン酸

高い水和能を持っています

1グラムのヒアルロン酸は、2〜6リットルの水に対し水和能を持ちます。

細胞と細胞の間に多く存在し、水分の保持やクッションのような役割で細胞を守っています

ヒアルロン酸は、私たちの体内のいたるところに存在しています。その濃度は、部位によって異なり、特に濃度が高いのは、へその緒(臍帯)、関節液、目の硝子体、皮膚などです。



2017年02月05日

セットアップ



卒業式
入学式

結婚式

素敵な場面でセットアップは
いかがでしょうか?

ジェイフラッグトレーニングは
続いています✌(´>ω<`)✌
A24AE645-6B6C-4E70-9CF0-0383A5587BEA.jpg6586E21C-D9BE-4DBD-B245-974CEB7D9002.jpg
へアドレスを彩る
生花の飾り付けも
承っております。

1週間前にご連絡下さいね( ¨̮ )

CDB5153C-5A74-4982-9AEF-5564B56FBEA2.jpg
posted by Matsuura at 07:28 | Comment(0) | ジェイフラッグ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする