jflagblogbn2.gif

jflagblogbn1.gif

2020年08月31日

ヘアドネーション

ヘアドネーション
ばっさり31センチ!
ヘアドネーション にて大切な髪を
寄付して頂きました。
A136FE88-6235-4EB1-8A96-4E0BA00900E2.jpg
先ずはビフォー撮影

783A5CD3-B304-42A7-83DD-BC95764114D5.jpg
長さの確認後
546DC94B-79E6-49CE-88A0-E7911E871AFB.jpg

31センチに毛束を束ねていきます。

E94F33A8-2D3E-4EFD-8D3B-34A8B985D7FC.jpg
こんな感じ^^

3A5A2ECA-098A-4C42-89EA-2F8B088AE382.jpg24E4318C-C341-4E2D-88F4-4736A2B02C1C.jpg8EFC2CF3-1571-4116-A839-59794EC70E43.jpg
そして、初めにハサミを
ご本人様に入れて頂きます。

C13B7E6B-39ED-4041-9E80-B9BE46316C2F.jpg

ばっさりいきました👍👍👍
91B19CA4-5310-4253-89F2-6817E629E606.jpg

Japan Hair Donation & Charityは、一般の方に「ヘアドネーション(髪の寄付)」を募り、この髪の寄付と募金等によりフルオーダーのメディカル・ウィッグ『Onewig』(JIS規格取得)を製作し、18歳以下の子どもたちに完全無償で提供している国内唯一のNPO法人です。この仕組みを美容文化のなかのチャリティ。

JHD&C(通称ジャーダック)は、脱毛症や乏毛症、小児ガンなどの治療や外傷等、何らかの事情で「頭髪に悩みを抱える子どもたち」に、ヘアドネーションによる献髪のみで作ったメディカル・ウィッグを無償提供することで「社会性の回復」をサポートし、子どもたちの未来を守ることを目的として設立されました。同時にこの仕組みは「ドナーの想い・善意」が、髪を通じて子どもたちへとつながっていく、Sustainability(持続可能性)の高い活動としても広く認知されています。

JHD&Cが育ててきた「ヘアドネーション」というカルチャーは、既存の慈善活動に対するイメージを変え、人々がボランティア活動に対してなんとなく抱いてきた「負のイメージ」を払拭すると共に、市民のボランティア参加へのハードルを引き下げた活動として、高く評価されています。

そのような人々の助け合いや、ボランティア精神に基づく成熟した社会とは、私たちが理想とする「必ずしもウィッグを必要としない社会」――病気や事故で髪をなくしても、クラスメイトから奇異な目で見られることなく、これまでどおりつきあえる、そんな仲間や友達がいる学校。ウィッグをつけなくても、ジロジロと見られない社会――なのです。

さまざまな髪形が個性として受け入れられているように、「髪がない」ことも個性として迎えられる、そんな多様性のある社会をめざして活動を続けていく所存です。

F39CE02E-0AB4-427A-907F-09ADE2BBC201.jpg

有難う御座います。
しっかりジャーダックへお届けさせて頂きます。
062C8119-5D07-4D15-8266-94E30D0C7FFD.jpg
D9875DFC-AAE0-4268-A515-6C800FFF2D88.jpg

アフター

03DA864C-46BD-4F22-B118-B0CE3B474F0A.jpg

とても素敵になりました。
A7E98CD7-B1B5-4B00-9105-EB8B74A8351A.jpg


水引ピアスも素敵です。^^



posted by Matsuura at 07:19 | Comment(0) | ジェイフラッグ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。