jflagblogbn2.gif

jflagblogbn1.gif

2019年02月02日

サッカーアジア杯

カタール3-1日本
決勝。
結果。

2E9DB2F0-9DB8-4C95-B4DB-7111CC5861EE.jpg

戦評

前半はエースのアルモエズ・アリにネットを揺らされれば、アシム・マディボを中心とした堅守に苦しめられるという、カタールの狙い通りの戦いを許した日本。大迫勇也にボールが入ってから近い距離間での崩しを仕掛けようとする意図は感じられたが、寄せの速い相手を上回れずに2点のビハインドで前半を終えた。

後半はややペースが落ちた相手に対して主導権を握って攻め込む。南野拓実が1点差に迫るゴールを奪い、さらに鋭さを増した攻撃を仕掛ける。だが、PKで3失点目を喫して万事休す。最後まで懸命に攻め込む姿勢は見せたが、ラフシャン・イルマトフ主審の長い笛が吹かれた瞬間、日本は初優勝に喜びを爆発させるカタールの引き立て役に終わってしまった。

通算5度目となる決勝戦で初の敗者となった日本。柔軟に位置を変えながらボールを動かす攻撃面や、3バックでコンパクトに対応する守備面など、攻守において完成度の高さを見せたカタールに力負けともいえる一戦に。冨安健洋の成長など一定の手応えを得たが、「アジア」のレベルが上がっていることを肌で感じる大会となった。

スポーツナビより


posted by Matsuura at 06:48 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする